FXで生きていく覚悟

>

少ない資金で利益を得る

貴方はどちらを選びますか

FXを始める際、国内口座を持つか海外口座を持つかというところからまず始まります。
FXだけで生計を立てようとするならばこの口座選びにも慎重にならなければなりません。
何故なら国内口座を持つか海外口座を持つかによって幾つか異なる点があるからです。

第一に税率が挙げられます。
税率が一定の国内に対して、海外は所得に比例して税率が上がる仕組みとなっています。
これだけ見ると生計を立てられるぐらい稼いだ時、国内口座の方が良いのではないかと考えがちですが、その分海外口座にもメリットはあります。

それが第二に挙げられるレバレッジの倍率。
レバレッジとは証拠金と呼ばれる、最初に口座に入金した軍資金の、数倍から数百倍の取引が出来るというものです。

レバレッジの倍率

前項でレバレッジについて触れましたが、国内口座であれば当然日本国内の法律が適用されます。
現在、日本の法律ではレバレッジを25倍までとしており、それ以上は法律に抵触してしまうので不可能なのに対し、海外口座では制限なく、ところによっては数百倍という破格の倍率を目にすることがあります。

また、国内では上限を25倍から10倍に引き下げようというする動きがあるようですので、その点海外口座の方が人気です。
将来的にそうなった場合、国内では1万円の証拠金に最大レバレッジをかけて10万円。
しかし海外ではかりに1000倍であれば単純に1000万円となります。

少ない元手で利益を得ることを可能にするレバレッジですが、当然逆のパターンも考えられます。
調子に乗り過ぎると一瞬にして破滅への道を歩むことになります。
これを上手く活用出来てこそ利益を生み出せるというものです。


TOPへ戻る